2011年7月8日金曜日

続く、震災支援活動

 先日、関西学院大学内で東日本大震災の被災地支援に携わる学生や教職員が集う会議に参加しました。震災からもうすぐ4ヶ月。東北から遠く離れた関西にあっても、さまざまな支援活動を続けている関学生が多くいます。
 ある学生は、被災地へいき、子供たちの遊び相手になる活動を続けています。別の学生は、被災地から西宮に越してきた被災者を支援する活動を始めようとしています。ある学生は絵葉書をつくって、その販売収益を全額被災地へのボランティア派遣資金として寄付する取り組みを始めています。8月から始まる夏休みには、多くの関学生がボランティア活動にいく準備を進めています。
 関学生の行動力は凄い!(いの)