2011年7月11日月曜日

大切なもの

震災から4ヶ月が経ちました。
震災で、忘れていた大切なものを思い出しました。

それは、あたりまえの日常があることです。
自然と対峙する時、人間がいかに無力かを思い知らされました。

それと、「想像力」です。
被災者の方や被災地が今どう感じているのか、
被災していない人たちの「想像力」が問われています。

その人の立場に立って考えてみる。
そして自分の行動に活かす。
なかなか難しいものですが、
意識することで今まで見えなかったものが見えてくるかもしれません。

自戒の念を込めて・・・。