2011年8月9日火曜日

ちゃりんこプレゼン

過去の活動の様子
関学生のみなさんは、定期試験がようやく終わり、いよいよ夏休みですね。
長い夏休みを、どのようにお過ごしでしょうか。


世界の貧困問題解決を目指す学生団体「関西学院上ヶ原ハビタット」の学生は、9月5日から15日にかけて日本各地を自転車で巡り、活動報告やワークショップを通じて貧困問題への啓発を目指す「ちゃりんこプレゼン」を実施するそうです。
この活動は2003年から隔年で実施しており、今年で5回目です。


メンバーは和歌山、広島、名古屋のルートに別れ、各地の高校などを巡りながら、西宮を目指して活動します。メンバーのなかには東日本大震災の被災地でのボランティア活動に参加した学生もおり、各地で被災地の現状報告、震災支援のための街頭募金もするそうです。


炎天下での活動は、体力的にも精神的にもかなりハードなようですが、さまざまな人との交流を通して得るものはたくさんあるようです。


社会に出ると、大学時代のように長い夏休みは、なかなか経験できないものです。夏休みは、新しいことを始めたり、めったにできない経験をするチャンスです。今しかできない、学生さんならではの「アツイ」夏休みになることを願っています!