2011年9月13日火曜日

小さなことからこつこつと、ずっと。

関西学院大学内の生協の店舗では大学生協のオリジナル商品(準PB商品)が販売されていますが、そのなかにコーちゃん紅茶、ウーちゃん烏龍茶、ウーたん烏龍茶、プーちゃん緑茶というペットボトル飲料があり、それぞれ100円で販売されています。
学生さんにとっても、そして私たち職員にとっても本当に身近な商品だと思うのですが、関西学院大学生協の方にお伺いしたところ、やはりこれらのペットボトル飲料は生協の店舗に並ぶ商品の中でも最も売れている商品なのだそうです(私は特にコーちゃん紅茶が好きで、よく購入して飲んでいます)。

そのコーちゃん紅茶、ウーちゃん烏龍茶、ウーたん烏龍茶、プーちゃん緑茶、それぞれが1本購入されるごとに1円を義援金とし、被災者の方の支援に役立てようという取り組みが8月から行われており、今後も無期限で継続されていくそうです。

震災から半年が経過し、震災が発生した当初よりも被災地以外に暮らす人々の震災への関心が薄くなってきたと言われていますが、どんなかたちでも継続して支援を続けていくことが大切だと思います。私も関西学院大学生協のこの取り組みにこれからもぜひ協力させていただきたいと思っています。(ジョルジュ)