2011年9月22日木曜日

海外広報への取り組み


同窓会ホームページより

先日、同窓会の海外支部長の方々と懇談する機会があった。本学の約20万人の同窓会は国内の84、海外の21の支部で構成されている。懇談会では19人の支部長の出席のもと、留学生のお世話や帰国生徒の入試、海外広報などについて白熱した意見交換が行なわれた。支部長の方々は一様に本学の留学生を暖かく迎え、成長を見守っていただき、また海外での関学の知名度や評価の向上に深い関心を寄せておられる。まさに「Mastery for Serviceのスクールモットーを体現する世界市民」を地で行く人たちと感じた。関学を海外で知ってもらうにはどのような広報が効果的かなど数々の課題が懇談の中で浮き彫りにされたが、海外支部の人たちの熱い思いに応えるためにも、可能なところから実現してゆきたい。(sk)