2011年9月29日木曜日

季節の移ろいとキャンパス

ここのところ、朝夕はすっかり涼しくなりました。朝の通勤電車では、長袖の方もおられれば、半袖の方もおられます。草木も、そろそろ秋の装いを始めているし、夜は鈴虫が鳴いています。それでも日中は、気温が上がり、すこし体を動かすだけで汗ばむことも。こうして少しずつ秋へと季節が移っていきます。季節の変わり目は、「変化」を感じることのできるシーズンです。

でも学生のころは、尊敬する教授が季節の移ろいの「美」をいくら話してくださっても、ほとんど無頓着で、目の前の出来事にいつも気をとられていたように思います。年齢を重ねるとともに、季節の移ろいの美しさへ、自然と目が向くようになってきました。そして、わたしたちのキャンパスで繰り広げられる「移ろう美しさ」を改めて受けとめることができるようになった気がします。(グルーシェンカ)