2011年12月2日金曜日

成長の手応え

アメリカンフットボール関西リーグの最終戦、立命館大学とわれらが関西学院ファイターズの決戦を前に、僕はファイターズのホームページに次のようなコラムを書いた。ファイターズの選手諸君の成長の軌跡を追い、優勝を決める全勝対決の舞台で、必ずやその力を発揮してくれると確信していたからである。長くなるが、丸ごと再掲する。
――この秋、朝日新聞出版から発行されたアエラムック「関西学院大学 by AERA」に、僕はファイターズについて、こんな文章を書いた。
 「たとえ戦力的に劣っている時でも、戦術を工夫し、知恵をしぼり、精神性を高めて、いつも力を最大限に発揮するチームを作ってきたのがファイターズであり、戦後、一貫してアメフット界の頂点を争い続けてきた唯一のチームとしての矜持(きょうじ)である。関西学院のスクールスポーツとして敬意を払われ、部員たちもそのことに特別の思いを持つ基盤はここにある」
 それは例えば、今度の日曜日、長居スタジアムで相まみえる立命館との決戦を前に、ファイターズの構成員とそれに連なるすべての人々が胸に抱いている思いではなかろうか。
 戦力的には劣っているかもしれない。けれども「戦術を工夫し、知恵をしぼり、精神性を高めて、いつも力を最大限に発揮するチームを作ってきた」と、チームを構成するすべてのメンバーが自信を持っていえる時、道は開ける。狭き門、試練の壁を突破することが可能になる。
 僕は長年、一人のファンとして、ファイターズを応援してきた。この12年間は毎年、スポーツ推薦でファイターズを志望する高校生を相手に小論文の勉強会を開き、6年前からは、毎週のようにこのコラムを書いている。「取材」と称して練習も見に行くし、合宿にも顔を出す。試合の直後、控え室に引き揚げる選手たちに声を掛け、簡単な話を聞くこともある。就職活動の相談や授業などを通して、部員の悩みを聞く機会も少なくない。
 こういう接し方をしていると、部員の喜怒哀楽、いろんなことが分かってくる。しっかりしているように見えても、彼らはまだ20歳前後の多感な青年である。迷いもあれば、動揺もある。時には若気の至りというか、やんちゃな素顔も見える。悩みごとも多い。
 技量が思うように上達せず、落ち込んでいる選手、大事なところで失敗しないかと、どこか自信なさげな選手、逆に、どんなに緊張した場面でも、普段通り明るく振る舞える選手。必ず立ち止まって話しかけてくる選手。学業で悩みを抱えている選手。グラウンドのパフォーマンスだけでなく、練習前、練習後のちょっとした仕草にも、その胸の内が垣間見える。
 そういう姿を見ていると、ある日突然「この子は成長したな」と感じる時がある。表情が明るくなり、振る舞いに落ち着きが出てくる。チームの仲間に対する接し方が変わってくる。シーズンが深まるにつれて、とりわけ4年生の言動が変わってくる。コーチや監督にいわせると「まだまだですよ」といわれるが、そんなことはない。どこかで壁を突破し、一段上のステージに上ったと実感させてくれる選手が増えてくるのである。
 それは、当の選手が一番よく知っている。苦しい練習をやりきったとき、試合でこれまではどうしてもうまくいかなかったプレーが成功したとき、追い上げて来る後輩よりなお一段階上のプレーができたとき、あるいは大学の定期試験で成果が実感できたとき、人は自分の成長を実感できるだろう。
 それは、新聞記者として40数年、終始現場に身を置き、自分を鍛えてきた僕の実感でもある。日々の努力の成果は、なかなか具体的な形には表れてこない。けれども、ある日突然、頭の中でスイッチが点灯し、周囲が明るくなったような感覚に襲われることがある。あるいは、気がつけば、知らないうちに目標としていた高みに上がってしまっていた、という方が当たっているかもしれない。
 大切なことは、試練を試練と意識せず、努力を続けることである。たとえ目の前に巨大な壁が立ちふさがっていたとしても、決してあきらめないことである。向上心を持って、必死に足をかき、もがき続けていれば、ある時突然、目の前に大きな走路が開けていることがある。狭い門だからこそ、それを突破したときの喜びは大きい。その喜びの実感が人を成長させるのである。
 さきの「アエラ」の原稿で、僕は結びとしてこんな文章を書いた。
 「上ヶ原のグラウンドには、人を人として成長させる磁気が流れている。それは常に勝つことへの意識を高め、その圧力に打ち克とうと努力を続ける学生と、それを支える監督やコーチが醸し出すものである。草創期のメンバーが無意識のうちに埋め込んだものであり、歴代のOBがライバルとの戦いの中で醸成してきたものでもある。自発性を重視し、献身に価値を置くチームとしてのたたずまいがもたらせたものといってもよいだろう」
 「人はそれを称して伝統と呼ぶ。ファイターズにおいては、それがチームソングにある勝利者の名を誇りに思い、その名に恥じないチームとしての品性を持て、という意味につながるのである」
 人を人として成長させる場所。そこで鍛えた選手諸君が今度の日曜日、長居スタジアムで、誰もが驚くほど成長した姿を見せてくれるに違いない。僕はそれを確信している――
1127日、彼らは長居スタジアムで、それぞれが期待通りの姿を見せてくれた。
ライバル立命館を37-7の大差で下し、4年ぶりの単独優勝を成し遂げたのである。
 頭をつるつるにそり上げ、必死の形相で強敵に立ち向かった選手たち。「自らの生き様を見てくれ」(by松岡主将)と公言して戦い、見事に勝利を手にした部員たち。彼、彼女らの満ち足りた表情、その輝き。それは、自らの成長した姿を死闘の中で表現し得た人間のみに許されるものだった。
 
彼らの姿を見て、たとえ才能はなくても、いまなら「大学生の成長」をテーマにしたノンフィクション小説が書ける気がした。それほど、個々の選手、チームの成長ぶりは凄かった。昨年は、関西リーグでは同率優勝にまでこぎつけながら、甲子園出場決定戦で敗れた。そのチームを率いた4年生が引退してすぐ、チームを引き継いだ彼らがスタートしてから、いま立命に勝つまでの「成長の軌跡」それほどドラマチックだった。
部員一人ひとりの努力、精進、チームメートへの叱咤激励、下級生への気配り、戦う集団としての高いモラル、チームへの献身。人が人として成長するためのいくつもの要素が重なり合い、化学反応を起こして、それぞれの選手、部員が成長の手応えを感じ取っていったのだろう。その手応えがまた選手を成長させる。その循環。
若いうちの苦労は買ってでも引き受けろ、という。苦しみはそれぞれの選択、という言葉もある。それはファイターズの選手たちに限らない。大学という舞台に身を置くすべての人に通じることである。苦労を苦労と思わず、成長の糧にしていったファイターズの選手たちの軌跡を追いながら、関西学院に身を置くすべての学生にも、それぞれの「成長の手応え」を実感してもらいたい、そのための努力、精進、献身に務めてほしいと思った。