2011年12月16日金曜日

ステンドグラス

神学部のチャペルに、新しいステンドグラスが設置された。説教台の中央芝生寄りの壁に陽光を受け色鮮やかに煌めいている。
ヨーロッパの寺院や聖堂には、キリストにまつわる「受胎告知」や「最後の晩餐」などが描かれているらしい。そこ集まった人々はステンドグラスに魅せられて、聖書を紐解き、賛美歌を合唱したことだろう。
神学部のステンドグラスの意味は「見る人それぞれが、自由に感じ取ってください」とのことだった。関心ある人は一度足を踏み入れてみては。詳しくは神学部HPを。(SK)