2012年1月28日土曜日

通学ボランティア活動を取材して

感謝の会の最後に児童に見送られる学生たち
今月13日、聖和大学生と関西学院大学・教育学部生が地域の老人会やボランティアの方々と共に毎朝、西宮市立上ヶ原小学校の子どもたちのために行っている通学ボランティア活動に対して、上ヶ原小学校の児童らによる感謝の会が開かれ、取材に行きました(その際の様子はこちらをご覧下さい)。実際の活動の様子を昨年の春に取材し、夏には児童の代表の皆さんが西宮聖和キャンパスに感謝の手紙を持ってお礼に訪れられた様子も取材させていただきました。

教育学部の藤木大三教授が聖和大学(当時)教育学部の学生たちに呼びかけ、大教大附属池田小児童殺傷事件からちょうど1ヶ月経った2001年7月8日から始まったこの活動そのものにも私は感銘を受けているのですが、学生の活動をご覧になった老人会の皆さまをはじめとする近隣の方々もこの活動に参加されるようになり、世代をこえた交流が生まれていることは本当に素晴らしいことだと感じています。

また、この通学ボランティア活動は関西学院のスクールモットー“Mastery for Service”を体現している活動ではないかとも感じています。これからも途切れずに活動は続いて行き、児童や地域の皆さんと学生との交流もさらに深まっていくはずです。今後も是非、この活動を取材して行きたいと考えています。(ジョルジュ)