2012年2月21日火曜日

復興支援ボランティア「春のあいのりバスプロジェクト」

 東日本大震災復興支援に取り組む団体「関西学院ヒューマンサービスセンター東日本大震災復興支援共働プラットホーム(共働P)」が3月上旬から中旬にかけて東北の被災地でボランティア活動を実施します。現在、ボランティアに参加する関学生を募集しています。
「共働P」は東日本大震災の支援に取り組むために設立された組織で、従来よりボランティアコーディネートなどに取り組んできた関学大のボランティア団体「ヒューマンサービスセンター」など、複数の団体から成っています。
 
過去のボランティア活動の様子
 昨年の夏には5回にわたって東北の被災地に向けて災害支援ボランティアのためのあいのりバスを送り出し、100名に及ぶ関学生らが気仙沼や七ヶ浜、宮城野・岡田地区などでボランティア活動に従事しました。その後も学生たちと被災地の関係は継続し、秋学期以降も10月、12月に独自のボランティアバスを出すなど、活動を継続しています。


ボランティアバスは3月1日と8日に西宮上ケ原キャンパスを出発する予定です。
東日本大震災からまもなく1年がたとうとしています。多くの関学生がいまもなお、さまざまな形で被災地の支援に取り組んでいます。春休みに被災地でボランティアをしたい関学生の方は、ぜひこの機会に参加ください。


詳しい募集要領は下記ホームページの「復興支援ボランティア募集」をクリックしてください。
共働Pホームページ⇒ http://kyoudou-p.jimdo.com/