2012年7月23日月曜日

私のお気に入り。


山本周五郎賞を受賞され、先だって発表された直木賞の候補作にもなった文学部の卒業生でいらっしゃる原田マハさんの「楽園のカンヴァス」を読了しました。ニューヨーク近代美術館(MoMA)の男性学芸員と日本人女性の研究者がある絵を巡り「対決」をする話なのですが、読み終わるのが惜しいと思うほど素晴らしい内容でした。原田さんが今後発表される作品も本当に楽しみです!

さて、読書といえば秋というイメージもあるかもしれませんが、学生の頃、一人暮らしをしていたマンションの近くにある神社の大きな森の木陰で(時々蚊に刺されていましたが・・・)、夏の午前中に本を読むことが大好きでした。社会に出てからはなかなかそんな時間をとることができないのですが、取材などで各キャンパス内を歩いている際に通りがかると、「ここで本を読みたい!」といつも思う場所があります。

西宮上ケ原キャンパス内の新月池西側の木陰のベンチで!

神戸三田キャンパスのセントラルガーデンの木陰で!

西宮聖和キャンパスの聖和の森で!
  
いつかまだ暑くない午前中を読んでみたいと思います(熱中症には気をつけながら・・・)。

ここは読書にお勧め!という所があれば是非私に教えてください!(ジョルジュ)