2012年8月10日金曜日

夏の真っ盛り

西宮上ケ原キャンパスでは、あらゆる場所でセミの鳴き声が響き渡っています。よーく見てみると、一つの木に数十匹のセミがとまっていることもあります。  「ジー」「ジー」とゆっくり鳴いていたと思ったら、急に「ジジジジジジ」と激しく鳴きだしたりと、セミの鳴き声も強弱があるんだなぁと感じました。
 小学生の頃によく、セミ採りをしていたことを思い出し、久々に挑戦してみました。素手でつかむと、激しく動き必死に抵抗していました。暑い中ずっと鳴いているだけあって、本当にパワフルです。 セミ採りでは、セミは「おしっこ」をかけ、こちらは必死に捕まえにいきます。この格闘は、セミ採りの醍醐味です。本日もセミに近づき触ろうとしたら、「おしっこ」をかけられました。かけられるとやっぱり悔しいですが、その分、捕まえた時の達成感は格別です。ちなみに、セミの「おしっこ」はほとんどが水で、有害物質はほぼ含まれていないそうです。  夏休みということもあり、キャンパスでは、セミ採りをする小学生の姿がたまに見られます。小学生たちもセミと格闘しているのでしょう。暑い日は続きますが、セミのように夏をパワフルに過ごしていきます。(MATSUHIRO)