2012年11月12日月曜日

大自然を感じよう!

11月9、10日に関西学院千刈キャンプに行ってきました。
千刈キャンプは、田園文化都市をめざす三田市の東部標高約250mの高台にあります。1955年、関学はキリスト教を基にした野外活動教育と宗教活動を実践するために、キャンプ場を開設しました。開設以来、学生ボランティアリーダーによって支えられ、”Mastery for service”を実践する場となっています。
 当日は天気に恵まれ、最高のキャンプ日和になりました。敷地内では赤色やオレンジ色に紅葉した木々が多く、落ち葉、まつぼっくり、どんぐりなどもたくさん見つけることができました。またカレー作りや敷地内の散策なども行い、全身で秋を感じることができました。
 千刈キャンプは、日が暮れても楽しむことができます。まずはディナーです。専門スタッフがこだわりを持って作ってくれます。利用者からは「とてもおいしい」と評判です。次はキャンプファイヤー。火を囲みながら、学生リーダーたちがたくさんのゲームで楽しませてくれました。最後は、夜空に広がるたくさんの星です。静寂の中、住宅地では決して見ることのできない景色が見られます。
 朝はとても清々しく、施設内を散歩しました。たくさんの鳥や昆虫もいて、気持ちが落ち着きました。千刈キャンプは、夏だけでなく、一年中楽しめる場所です。一度行けばまた行きたくなる、そんな場所でした。みなさんもぜひ一度行って、自然を感じてみてください。(MATSUHIRO)








千刈キャンプHP