2012年11月8日木曜日

高等部の生徒が国際的な論文コンテストの準決勝に進出!

関西学院高等部数理科学部の中村 駿佑さん(3年)、石川 智己さん(3年)、花房 諒さん(3年)の3人は1110日(土)、アメリカ・ロサンゼルスで行われる「Yau High School Mathematics Award」の準決勝に出場します。
これは世界的な数学者でフィールズ賞を受賞した、S.Yau博士を記念して、中国とアメリカが共催している高校生を対象とした国際的な論文コンテストです。
 準決勝では世界各国から選ばれた約10チームがプレゼンや口頭試問などで競い、3チームが決勝に進みます。中村さんら3人は「組み合わせゲーム」をテーマにした論文を発表する予定で、「まずは北京の決勝を目指す」と意気込みを語っています。数理科学部の顧問を務め、彼らにアドバイスをしてきた宮寺良平教諭は「各チームは優秀な高校生が、数学者をコーチとして研究してきたので、相当レベルが高い」と語っています。
 皆さんの健闘をお祈りします!