2013年1月31日木曜日

日本的経営

先週末に発行された某週刊誌に「人を元気にする経営」をテーマにした特集が組まれていました。特集のキーワードは信用、尊敬、公正、誇り、連帯感の5つ。とりわけ尊敬の「単なる従業員ではなく、人として大切に扱ってくれる」、誇りの「自分たちが成し遂げている仕事を誇りに思う」の説明には、日本的経営を連想して深く頷きました。

株主の価値最大化が叫ばれて以来、日本的経営は過去のものとして忘れ去られようとしていました。しかし働き続けるうえで、日本的経営にわれわれが学ぶべきものがたくさんあるのではないかと思います。

結局、現場のやる気が組織力の源になるのですよね。(グルーシェンカ)