2013年3月27日水曜日

受難週


 今年は331日がイースター(復活祭)。そして今週は受難週。受難週は、イエス・キリストがエルサレムに入城して十字架刑に処せられ、復活する前日までの一週間を指します。
 関学ではひと月遅らせて、4月下旬にイースターをお祝いするのが恒例。今年も上ケ原のランバス記念礼拝堂で、4/24(水)17時からイースター礼拝を執り行います。また、参加者にはイースターエッグ(ゆで卵)も配られますので、こぞってお越しください。

 写真は上ケ原のランバス記念礼拝堂前の掲示板。書道部が毎週、聖書の御言葉を掲示しています。掲示板の前を通るたびに、私は元気をもらっています。今日は以下の御言葉でした。(しろくま)

「わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている、と主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである。エレミヤ書 29 11節」