2013年4月18日木曜日

連携講座011「現役経営者と学ぶ後継者のためのキャリアデザイン」

 関学には特色ある授業が様々ありますが、連携講座「後継者のためのキャリアデザイン」もその一つ。今年で開講されて3年目の全学部の学生を対象とした授業で、家族・親族が家業を営んでいる学生であれば受講でき、今年度は春学期の毎週金曜日、7月12日(金)まで14回にわたって実施されます。4月17日にはこの講座について産経新聞にも記事として取り上げられました。

 中小企業を支援する大阪産業創造館のチーフプロデューサーで講座を担当している山野千枝・関西学院大学非常勤講師は「学生に家業を継ぐことを決断してもらうための講座ではなく、家業について考える機会を提供することを目的とした講座です。講座には家業を継いだ若手社長の皆さんを迎え、経験談を聞いたり、討論を行います。将来突然やってくるかもしれない人生の決断のときに向けて、社会に出る前に同じ境遇の仲間と一緒に家業に向き合うことはきっといい経験になるはずです」と話します。

 連携講座「現役経営者と学ぶ後継者のためのキャリアデザイン」は家族・親族が家業を営んでいる学生であれば現在も受講申し込みが可能です(4月22日(月) 16:50までエントリーできます)。自分の将来を見つめてみるいい機会になるのではないでしょうか!(むら)