2013年7月23日火曜日

彼女が逝った夏

この夏、われわれ職員は大切な仲間を失ってしまいました。数年前に病を得て闘病中と聞いていましたが、逝去の知らせが届いたその日は、しばらくの間、仕事に身が入りませんでした。30代半ばで、その時を迎えなければならなかった彼女の無念。残されたご家族のお心を想うと、言葉がありません。

せめて、われわれ職員は、関学のために心を尽くして働いていた彼女の姿を心に刻み、彼女が果たそうとして果たすことのできなかった働きに思いを馳せながら、関学の発展に貢献していきたいと思います。(グルーシェンカ)