2014年8月22日金曜日

夏休み、どうしていますか?

 「1週間、朝から夕方まで英語でみっちりASEANのことを学んだあとは、現地へ2週間の研修ツアー。」

  これを聞いてなんだか大変そうだけど、おもしろそうな感じがしませんか??
 これは、今年から始まった夏休み中の短期集中講座の「ASEANプロジェクト」。先日、その授業を取材に行かせてもらったのですが、とても印象深かったです!
  マレーシアやインドネシアなどASEAN諸国から招いた研究者や各国の総領事館の方から直接、ASEAN諸国のことについて講義を受けることができるのですが、私がお邪魔したのは、ASEAN諸国の研究者に自分たちが調べた日本についてプレゼンをするという日。
  西宮上ケ原キャンパスを飛び出して、大阪の関西経済連合会の会議室で、関西の経済界・教育界の識者も見守る中、学生たちは物怖じすることなく英語で発表していました。
  「女性の社会進出への期待」「集団的自衛権」「婚活」「若者のSNS依存」などテーマは幅広く、日本が抱えている問題などを自分たちなりに分析し、意見も踏まえて発表している姿はとても印象的でした。
 学生さんたちは、9月からは実際に現地へいって勉強してきたことを確かめたり、現地の学生さんと交流したりする予定です。

  英語に自信がないと、このような講座を受講するには最初は躊躇してしまうかもしれませんね。でも、先生がたも熱心にサポートしてくれていますし、世界のことをもっと知りたい!視野を広げたい!という思いがあれば、大丈夫だと思います。このようなことをきっかけに長期留学を決意したり、国際機関で働きたいと思ったり、日本のことをもっと勉強しなおしたいなど、いろいろな感情が湧いてくるのではないでしょうか??みなさんのすぐ身近に、いろいろな価値観にふれられる講座やイベント、研修などはたくさんありますよ。

   ぜひ、この夏、ちょっとハードルをあげていろんなことに挑戦してみてくださいね!