2014年10月3日金曜日

進む電線の地中化

甲東園行きの阪急バス・関西学院前(2014年10月3日撮影)
 西宮上ケ原キャンパスの正門から東に一直線に伸びる学園花通り。来年度末には電柱が地中化され、電線が姿を消す予定だ。

 地中化工事の影響で、甲東園行の阪急バス・関西学院前の停留所が時々30メートルほど東に移動していることがある。(写真はいつもの関西学院前に停車している阪急バス)
 違う場所でバスを待つのは新鮮だ。みんないつもの停留所で「あれ?」と首をかしげて、移動した停留所を見つけて動いていく。


 再来年の桜の時期には電線のなくなった通りが完成するだろう。楽しみだ。(しろくま)